大浦光信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大浦光信
Oura Mitsunobu.jpg
大浦光信像
時代 戦国時代
生誕 寛正元年(1460年
死没 大永6年10月8日1526年11月12日[1]
墓所 青森県弘前市長勝寺
主君 南部信時
氏族 大浦氏
父母 父:金沢家信または久慈元信
兄弟 光信西館信建
政信(孫とも)、兼平盛純(盛顕)、
阿久?
養子:盛信新庄信春次男?)

大浦 光信(おおうら みつのぶ)は、戦国時代武将陸奥国種里城主。

延徳3年(1491年)、南部信時南部久慈氏の一族・南部光信を津軽西浜の種里城(西津軽郡鰺ヶ沢町)に配置し安東氏への押さえとした[2]文亀2年(1502年)、光信は大浦城を築き養子・大浦盛信に守らせた。

大永6年(1526年)、種里城[2]で死去。享年67(51とも[1])。

死後、盛信によって長勝寺に祭られた。なお、遺言として「死後も西の備えたらん」と述べたため、盛信によって甲冑姿のままで埋葬されたと伝えられている。

実子との説もある大浦政信は、津軽家の公称系図では孫(光信の長女・阿久と津軽に来た近衛尚通の間に生まれた)にあたる。

光信の銅像 (種里城跡、1990年建立)

参考文献[編集]

  • 『弘前市史・通史編2』 弘前市2002年6月28日

脚注[編集]

  1. ^ a b 『青森県史』
  2. ^ a b 『弘前市史』