秩父重英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秩父 重英(ちちぶ しげふさ、 - )は、日本の工学者東北大学教授、工学博士。

人物紹介[編集]

  • 慶應義塾中等部  卒業
  • 慶應義塾高等学校 卒業
  • 1986年3月  慶應義塾大学理工学部電気工学科 卒業
  • 1988年3月  慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻 修士課程修了
  • 1988年4月  東芝 総合研究所 電子部品研究所 光半導体デバイス担当
  • 1990年4月  慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程
  •  [94年3月修了・博士(工学)]
  • 1994年4月  東京理科大学理工学部電気工学科 嘱託助手
  •  (99年3月まで。99年度非常勤講師)
  • 1995年10月  通産省工技院電子技術総合研究所 材料科学部非常勤研究員
  •  (~2000年4月)
  • 1997年2月  独 国立ハーンマイトナー研究所訪問研究員
  • 1997年9月  米 カリフォルニア大学サンタバーバラ校材料科学部常勤訪問研究員
  • 1999年4月  筑波大学助教授 物質工学系(5月 物理工学系配置換)
  • 1999年10月  理化学研究所フォトダイナミクス研究センター非常勤研究員
  • 2001年10月  科学技術振興機構 ERATO中村不均一結晶PJ評価グループリーダー
  •    筑波大学助教授 大学院数理物質科学研究科
  •    電子・物理工学専攻(ERATO兼務)
  • 2007年    東北大学 教授 多元物質科学研究所多元設計研究部門 物理機能設計研究分野


  • 専門分野:「半導体光エレクトロニクス」の担い手であるIII族窒化物・II族酸化物半導体のエピタキシーとナノサイズ構造の形成、およびそれらの実空間・時間分解スペクトロスコピー評価とハイテク量子効果デバイス(紫外線・純青・純緑色半導体レーザーなど)への応用


外部リンク[編集]