福間堯明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
福間 堯明
時代 戦国時代
生誕 天文6年(1537年
死没 天文23年(1554年
改名 福間鶴若(幼名)→福間堯明
別名 福間就昌、福万堯明
通称:彦十郎
主君 毛利元就
氏族 清和源氏山名氏庶流福間氏
父母 父:福間信治、母:照林坊祐了の娘
兄弟 堯明元明西願
なし
なし
テンプレートを表示

福間 堯明(ふくま たかあき)は、戦国時代の武将。毛利氏家臣。父は福間信治。弟に福間元明西願通称は彦十郎。苗字は福万とも表記される。

生涯[編集]

天文8年(1537年)、福間信治の長男として生まれる。

福間氏の後継者とされていたが、天文23年(1554年)の安芸黒瀬衆討伐に従軍した際に戦死。享年18。堯明の戦死により、弟の元明が後継となった。

参考文献[編集]