福田裕大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 裕大(ふくだ ゆうだい、1979年 - )は、日本フランス文学者メディア史学者[1]近畿大学法学部講師(専任)[2]。フランス近代文学、特にシャルル・クロの研究などに取り組んでいる。

経歴[編集]

大阪府生まれ[1]。駿台を経て青山学院大学文学部で、石崎晴己のゼミに学ぶ[3]2005年から2009年にかけて京都大学大学院博士後期課程に学び[4]2012年に「シャルル・クロの総合的研究:科学的業績と詩的業績の架橋を目指して」により、博士(人間・環境学)を取得[5]

京都精華大学非常勤講師などを経て[6]2014年近畿大学法学部講師に着任[7]

おもな業績[編集]

単著[編集]

  • 『シャルル・クロ:詩人にして科学者 詩・蓄音機・色彩写真』水声社、2014年

共著[編集]

  • 『音響メディア史』谷口文和,中川克志共著 ナカニシヤ出版〈シリーズ〉メディアの未来 2015

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 4月の新刊:『シャルル・クロ』”. 水声社 (2014年7月30日). 2015年2月7日閲覧。
  2. ^ 教員紹介 一覧”. 近畿大学法学部. 2015年2月7日閲覧。
  3. ^ ゼミ紹介 石崎晴己”. 青山学院大学. 2015年2月8日閲覧。
  4. ^ researchmap 福田裕大”. 科学技術振興機構知識基盤情報部. 2015年2月7日閲覧。
  5. ^ シャルル・クロの総合的研究:科学的業績と詩的業績の架橋を目指して 福田裕大”. 国立国会図書館. 2015年2月7日閲覧。
  6. ^ 研究プロジェクト「受容から創造性へ-近現代日本文学におけるスタンダールの場合」 (PDF)”. 国際高等研究所. 2015年2月7日閲覧。
  7. ^ 福田裕大 (2014年4月1日). “近畿大学法学部に着任しました。”. 福田裕大. 2015年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]