福島知己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島 知己(ふくしま ともみ、1971年 - )は、日本フランス文学者思想史家哲学者一橋大学社会科学古典資料センター専門助手。学位は博士(社会学)一橋大学2003年)。博士論文は、「シャルル・フーリエのユートピア:アイロニーとユーモアの視点から」(学位論文、博士(社会学)、一橋大学)、2003年。さらに、2009年、パリ第7大学からも博士学位(社会学)を取得。学位論文のタイトルは L'idée de sociabilité utopique selon Charles Fourier.

人物[編集]

専門は、社会哲学社会思想の研究、特に、シャルル・フーリエに関する研究。フーリエの社会思想に関する主著の一つである『愛の新世界』を初めて邦訳したことで有名であり、哲学者の國分功一郎は福島の翻訳を「世界史的偉業」と絶賛している[2]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]