福地政次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福地 政次郎(ふくち せいじろう、文化7年(1810年) - 元治2年4月5日1865年4月29日))は、江戸時代後期・幕末水戸藩士。幕末の尊皇志士砲術家靖国神社祭神仮名は政次郎。は広延。実父は佐藤重遠、妻は弥寿子、子に長男の勝衛門道遠、四男の信之介道忠らがいる。位階贈正五位神名は福地政次郎之命、または福地政次郎広延之命。

生涯[編集]

佐藤重遠の次男に生まれ、福地広貫の養子に入り、福地氏を継ぐ[1]家禄は250石。小姓頭から鉄砲頭軍用掛となる。元治元年(1864年)、宍戸藩主・松平頼徳を迎えて水戸天狗党として転戦し、10月、自首する。元治2年(1865年)4月5日、下総国古河藩で切腹する。維新後、正五位を贈位され、靖国神社に祀られる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福地政次郎ら親子の系譜及び事績については太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店1934年)5166頁にも記載あり。
  2. ^ 明田鉄男『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社1986年) 348頁参照。

参照文献[編集]

  • 明田鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)
  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)

関連項目[編集]