禅林学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
禅林学園高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人禅林学園
設立年月日 2013年4月
共学・別学 男女共学
課程 通信制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
高校コード 37512J
所在地 764-0015
香川県仲多度郡多度津町西浜12-44
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

禅林学園高等学校(ぜんりんがくえんこうとうがっこう)は、香川県仲多度郡多度津町にある私立の通信制高等学校[1]

概要[編集]

  • 設置は学校法人禅林学園。
  • 校舎は「禅林学園学生会館(旧学生寮)」を利用する。かつて「多度津シーサイドホテル」として営業していた建物で、廃業後禅林学園に譲渡された。
  • 教育理念
    • 個を育む“自己確立(じこかくりつ)”
    • 人が人を育てる“自他共楽(じたきょうらく)”
    • 社会の弱者から目を逸らさない“力愛不二(りきあいふに)”
  • 少林寺拳法の教えを教育理念としているが、拳士をのみを生徒として募集している訳ではなく、少林寺拳法の経験・未経験に関係なく入学が可能。
  • 家庭独修型創造コース、同教養コースは、少林寺拳法を履修せず卒業することも可能。

設置課程[編集]

  • 広域通信制課程 単位制 普通科(学年定員:100名 男女共学)
  • 【履修方法】
    • 家庭独修型:自分でテーマをみつけ目標を設定し、自分のペースで学習計画を立て、一人ひとりに合った学校生活をすすめていく。レポート(科目により回数が違う)+スクーリング(5日間を年に2回)+単位認定試験により高校卒業となる。
    • 登校独修型:毎日同じ志を持つ仲間や、熱意を持った教員との触れ合いの中で、お互いに刺激し合い学び合う。集団生活、寮生活を通して、規則正しい生活習慣を確立し、独学を進めていく上で必要な力を身につけていく。
  • それぞれの履修形態に下記のコースが設置されている。
    • 武道コース:少林寺拳法による武道教育を中心に学ぶことができる。心と身体を鍛え、自らの持ち味を活かし、社会で活躍するための心構えと姿勢を養う。
    • 創造コース:芸術系科目を多く学ぶことができる。創作活動を通じて、自らの可能性を見つけ出し、個々の進路実現を目指す。
    • 教養コース:普通教科・科目を中心に学ぶことができる。現在の学力にこだわらず、生徒の目標としている進路に向け、一歩一歩実力をつけて、自己実現を目指す。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 多度津・禅林学園の通信制新設を了承/県私学審四国新聞2012年7月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]