神風莉央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神風 莉央
基本情報
本名 千代森 莉央
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1993-10-03) 1993年10月3日(25歳)
出身地 日本の旗 日本
熊本県熊本市
身長 166cm
体重 53kg
プロキックボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 2
KO勝ち 0
敗け 6
引き分け 2
テンプレートを表示

神風 莉央(かみかぜ りお、1993年10月3日 - )は、日本女性キックボクサー。本名は千代森 莉央(ちよもり りお)[1]熊本県熊本市出身。神風塾所属。熊本大学教育学部在学中。

経歴[編集]

高校の時に神風塾に入門。

2010年12月5日、熊本で行われた神風塾主催興行「LEGEND」で谷村郁江相手にデビュー。デビュー戦では「神風Rio」というリングネームだったが、その後「神風莉央」に改名する[2]

2011年5月14日、JEWELS 13th RINGに参戦、林美久と対戦するも0-3の判定負け[3]

2012年3月25日、仙台・ドラゴンジム主催の「戦場」に参戦、前年に僅差の判定で敗れたMITSUKIと再び対戦するが1-1のドローに終わる。この試合のみ「神風RIO」として出場[4]

2012年6月3日、シュートボクシングに初参戦、Girls S-Cup -53.5トーナメント1回戦でSB日本女子フライ級王者高橋藍と対戦するが0-3の判定負け[5]

2012年8月25日、「Girls S-cup 2012」にて聖☆羅とワンマッチで対戦、バックドロップでシュートポイントを奪い、2-0の判定でプロ初勝利を飾った[6]

2013年8月3日、「Girls S-cup 2013」の日本トーナメントに出場、1回戦で菊川松熊に最大9ポイント差を付けて大差の判定勝ち[7]。準決勝では再び高橋藍と対戦、延長まで持ち込む粘りを見せるも0-3の判定負け[8]

2013年10月、左大腿骨髄腫のため引退することが発表された[9]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
10 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 2 0
6 0 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 高橋藍 延長R終了 判定0-3 シュートボクシング「~ツヨカワGirls真夏の祭典~ SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2013日本トーナメント」
【Girls S-cup日本トーナメント2013 準決勝】
2013年8月3日
菊川松熊 2分3R終了 判定3-0 シュートボクシング「~ツヨカワGirls真夏の祭典~ SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2013日本トーナメント」
【Girls S-cup日本トーナメント2013 1回戦】
2013年8月3日
× NANA☆SE 2分3R終了 判定0-2 神風塾「火の国格闘伝説 LEGEND3」 2012年12月2+5日
聖☆羅 3分3R終了 判定2-0 シュートボクシング「~ツヨカワGirls真夏の祭典~ SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2012」 2012年8月25日
× 高橋藍 3分3R終了 判定0-3 シュートボクシング「SHOOT BOXING2012~Road to S-cup~act.3」
【Girls S-cup -53.5 1回戦】
2012年6月3日
NANA☆SE 2分3R終了 判定1-1 KING EXCEED「KING2」 2012年4月30日
MITSUKI 2分3R終了 判定1-1 ドラゴンジム「大震災復興チャリティーイベント戦場5」 2012年3月25日
× 林美久 2分3R終了 判定0-3 JEWELS「JEWELS 13th RING」 2011年5月14日
× MITSUKI 2分3R終了 判定1-2 ドラゴンジム「BREATHLESS MUAY THAI 7」 2011年2月20日
× 谷村郁江 2分3R終了 判定0-3 神風塾「火の国格闘伝説 LEGEND」 2010年12月5日

脚注[編集]

登場メディア[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]