神門古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神門古墳群
Godo Kofun Group-5, funkyu.jpg
神門5号墳
所在地 千葉県市原市総社
位置 北緯35度29分39.5秒
東経140度6分36.7秒
座標: 北緯35度29分39.5秒 東経140度6分36.7秒
規模 纒向型前方後円墳3基、方墳3基、円墳1基
出土品 剣・槍・玉類・鉄鏃など
築造時期 3世紀中葉前後
史跡 5号墳、1989年(平成元年)3月10日県指定
地図
神門古墳群の位置(千葉県内)
神門古墳群
神門古墳群
テンプレートを表示

神門古墳群(ごうどこふんぐん)は、千葉県市原市養老川下流域北岸の市原台地西縁部に立地する古墳群である。所在する古墳のうち、5号墳は墳丘が現状保存され、千葉県の史跡に指定されている[1]

位置と概要[編集]

千葉県市原市惣社に所在し、前方後円墳3基、方墳3基、円墳1基が調査されている。

1948年昭和23年)と1983年(昭和58年)に発掘調査が行われた5号墳は、墳丘全長36.5メートル(復原値42.5メートル)、後円部長31.5メートル、同幅32メートル、前方部長11メートル、、同幅12メートル、墳丘高5.9メートル、復原周溝全長49.5メートルを測る前方部の未発達な前方後円墳で、鉄剣1、鉄鏃2、ガラス玉6などが出土した。

1975年(昭和50年)に発掘が行われた4号墳は、墳丘全長49メートル、後円部長33メートル、同幅30メートル、前方部長13メートル、同幅13メートル、くびれ部幅8.5メートル、墳丘高4.3メートル、復原周溝全長55.2メートルを測る前方後円墳で、鉄剣1、鉄鏃41、管玉31、ガラス小玉394、鉄槍1、やりがんな1などが出土した。

1987年(昭和62年)に発掘された3号墳は、墳丘全長47.5メートル(復原値53.5メートル)、後円部径33.5メートル、前方部長20メートル、同幅15メートル、くびれ部幅7メートル、墳丘高5.2メートル、復原周溝全長63.5メートルを測る前方後円墳で、鉄剣1、鉄槍1、鉄鏃2、やりがんな1、管玉10、ガラス小玉103などが出土した。

以上の3古墳は出現期段階のいわゆる纒向型前方後円墳として捉えられ、周溝形態の発達過程などから、5号墳が最も古く、4号墳、3号墳の順序で比較的短期間に造営されたものと考えられている。その造営年代は3世紀中葉から後葉とする説が有力であるが、3世紀前半まで遡ると見る見解もあり邪馬台国の時代の古墳と目されている。

脚注[編集]

  1. ^ 千葉県教育庁教育振興部文化財課指定文化財班. “神門5号墳”. 千葉県. 2020年5月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大塚, 初重小林, 三郎『続日本古墳大辞典』東京堂出版、2002年、184-185頁。ISBN 4490105991

外部リンク[編集]