神義論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神義論(しんぎろん、独:theodizee)は、1646年に生れたドイツの哲学者かつ数学者であるゴットフリート・ライプニッツ作った言葉弁神論とも訳す。ライプニッツはキリスト教の立場から、善なるとこの世のについての考察を1710年刊の著書『弁神論』Essai de théodicée sur la bonté de Dieu,la liberté de l'homme et l'origine du mal(神の善性、人間の自由、悪の起源に関する弁神試論)で論じた。

脚注[編集]