神立の水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神立の水 『感謝』 500ml・200ml

神立の水(かんだつのみず)は、新潟県南魚沼郡湯沢町神立の地中約1,400mの水源から採取されるナチュナルミネラルウォーターで、飲む温泉である。

成分[編集]

(本水1kg中に含有する成分)

水質[編集]

特徴[編集]

  • 眼病に効果があるとされる貝掛温泉と同じ様にメタケイ酸・メタホウ酸を多く含んでいる。
  • 花粉症(目のかゆみや鼻づまりなどの症状の緩和に効果的と言われる)
  • アトピー性皮膚炎残留塩素が悪化因子と言われる)
  • 効能はその効果を万人に保証するものではない。

OEMブランド[編集]

製造・販売[編集]

その他[編集]

安倍晋三首相が愛飲[編集]

2015年1月には日刊ゲンダイがスクープとして、安倍晋三首相が政治資金で神立の水を購入していたと報じた。安倍の資金管理団体である「晋和会」の収支報告書の少額領収書には複数回にわたり「神立の水」として7,980円ずつに分けて事務所費として計上し、総額は31,920円に上るという。販売会社である光ジャパンは、慧光塾というコンサルタント会社の責任者であった光永仁義の長男光永正樹が代表者を務めるが、光永の経営指導は悪魔祓いお告げ心霊治療を行う新興宗教的な色彩が強い風変わりな会社だった[1]。安倍は光永に「お告げ」を受けたり、長男の結婚式で媒酌人を務めるなど母親の安倍洋子とともに家族ぐるみの付き合いがあったという。また2007年9月の週刊文春によると、第1次安倍政権時代には、事務所スタッフが神立の水を別のミネラルウォーターで代用しようとしたところ、安倍は「だめだ!あの水じゃなくちゃ、絶対ダメなんだ!」と激昂したという[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ ネットアイビーニュース「取締役全員から解任された 穴吹工務店社長が心酔した「慧光塾」(下)」
  2. ^ 週刊文春 2007年9月20日
  3. ^ 日刊ゲンダイ 2015年1月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]