神田敏晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神田 敏晶(かんだ としあき、1961年 - )はITジャーナリストKandaNewsNetwork代表。

経歴[編集]

1961年、兵庫県神戸市に生まれる[要出典]大阪学院大学経済学部卒業後[要出典]、ビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」の運営を開始。

セグウェイにて公道を走行したとして2004年道路交通法違反で50万円の罰金刑を受け、これを不服として35000円(1日5000円換算で1週間分)の納付を拒否して、東京拘置所労役場留置(その後、追加納付により3日間に短縮)[1]。この模様は雑誌の連載やメールマガジンにて獄中記として発表した。

出典[編集]

  1. ^ 東京拘置所獄中記-1 神田敏晶” (日本語). KNNエンパワーメントコラム. 2021年7月5日閲覧。
  2. ^ 神田 敏晶 | 教員紹介 | 学部紹介 | 通信制大学 | サイバー大学 | オンラインでITとビジネスを学び、大学卒業資格(学士号)を取得できる” (日本語). www.cyber-u.ac.jp. 2018年4月8日閲覧。