神林留雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神林 留雄(かんばやし とめお、1933年2月12日 - )は、日本実業家[1]

来歴・人物[編集]

東京出身[1]で、東京都立上野高等学校を経て東京大学法学部卒業[1]し、NTTデータ会長などを歴任した、

2010年に『ハーバード・ビジネス・レビュー』「在任中に実績を上げた実行力のあるCEO(最高経営責任者)トップ100」で28位[2]とされた。

2010年の秋の叙勲で「旭日重光章」を受章した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c NTTデータ 【情報・通信】”. 歴代社長事典製作委員会. 2015年1月21日閲覧。
  2. ^ 大前研一 (2012年9月17日). “100人中わずか4人 世界CEOランキングの日本人”. プレジデント社. 2015年1月21日閲覧。
  3. ^ 平成22年の秋の叙勲受章者”. 電友会. 2015年1月21日閲覧。