神山進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神山進
生誕 1948年10月
研究分野 消費者心理学マーケティング論行動経済学消費社会産業心理学
実績 装い関連商品と性関連商品を焦点とした、消費者行動社会心理学的研究
テンプレートを表示

神山 進(こうやま すすむ、1948年10月 - )は、日本社会心理学者経済学者滋賀大学名誉教授。

来歴[編集]

1948年滋賀県に生まれる。1972年滋賀大学経済学部を卒業後、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程に進学し、1974年にこれを修了。滋賀大学経済短期大学部助手、滋賀大学助教授、1993年教授、2014年定年退任、名誉教授[1]。専門は消費者心理学消費社会京都大学博士(経済学)。博士論文のタイトルは「消費者の心理と行動ーリスク知覚とマーケティング対応」。

年譜[編集]

  • 1948年 - 滋賀県にて出生
  • 1972年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1974年 - 神戸大学大学院博士前期課程修了
  • 1974年 - 滋賀大学経済短期大学部助手
  • 1985年 - 日本繊維製品消費科学会奨励賞受賞
  • 1993年 - 滋賀大学経済学部教授
  • 1994年 - 日本繊維製品消費科学会論文賞受賞
  • 1996年 - 日本社会心理学会島田賞受賞
  • 2009年 - 日本繊維製品消費科学会功績賞受賞

著書[編集]

単著[編集]

  • 『被服心理学』(光生館、1985年)
  • 『衣服と装身の心理学』(関西衣生活研究会、1994年)
  • 『経営産業心理学パースペクティブ』(誠信書房、1994年)
  • 『記号と情報の行動科学』(福村出版、1994年)
  • 『消費者の心理と行動―リスク知覚とマーケティング対応』(中央経済社、1997年)

共著[編集]

  • 『経営心理学トピックス100』(有斐閣、1995年)
  • 『社会心理学への招待』(誠信書房、1995年)

編著[編集]

共編著[編集]

  • 『被服と化粧の社会心理学―人はなぜ装うのか』(北大路書房、1996年)
  • 『まとう―被服行動の心理学』(朝倉書店、1996年)

訳書[編集]

  • 『被服と身体装飾の社会心理学―装いのこころを科学する〈上巻〉』(監訳 北大路書房、1994年)
  • 『被服と身体装飾の社会心理学―装いのこころを科学する〈下巻〉』(監訳 北大路書房、1994年)
  • 『外見とパワー』(監訳 北大路書房、2004年)

論文[編集]

主な所属学会[編集]

  • 社会・経済システム学会
  • 日本衣服学会
  • 日本家政学会
  • 日本グループダイナミックス学会
  • 日本広告学会
  • 日本繊維製品消費科学会
  • 日本社会心理学会
  • 米国ITAA (Intemational Textile and Apparel Association)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彦根論叢