神尾正武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神尾正武(かみお まさたけ、1952年 - )は長崎県出身の歴史小説作家。

佐世保市において土地家屋調査士事務所経営の傍ら、地元長崎県ゆかりの松浦党戦国大名、古代史を題材とした小説を中心に執筆活動を続けている。


代表作は松浦党の活動を描いた『松浦党戦旗』とその続編『続・松浦党戦旗』のほか、『邪馬台国、誕生』(上下巻)など。

外部リンク[編集]