磯野長蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

磯野 長蔵(いその ちょうぞう、1874年3月12日 - 1967年6月25日)は日本の実業家明治屋社長を経て、キリンビール設立発起人となり、キリンビール社長や会長を歴任。同社をビール業界トップとした。

人物[編集]

鳥取県倉吉市河原町の呉服屋の次男として生まれる。勉強がよくでき、1883年9歳のときに倉吉の戸長を務めた松本家の養子となる。

鳥取県尋常中学校(現鳥取県立鳥取西高等学校)授業料免除優待生を経て、上京、高等商業学校予備門(現日本大学第三中学校・高等学校)で1年間の浪人生活を送り、その後高等商業学校(現一橋大学)入学。1897年に7番の成績で卒業。

卒業後、1898年に磯野商会入社。1902年創業者磯野計の長女と結婚。1903年明治屋副社長に就任。

1907年麒麟麦酒設立にともない、設立発起人となる。明治屋社長を務めながら、1927年に麒麟麦酒専務となり、1962年まで社長及び会長を務め、麒麟麦酒をビール業界トップとした[1]

明治屋及び麒麟麦酒の経営で財を成し、1962年には母校一橋大学に磯野研究館を寄贈。

1978年初代倉吉市名誉市民。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1998年2月26日