砕砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンクリート粉砕すると、骨材が露出します。

砕砂(さいさ)とは、天然岩石破砕機粉砕機等で人工的に小さく砕き出来た砂をいう。

2.0~2.5mmふるいを通過し、75μmにとどまる大きさのもの。

圧縮応力に抵抗してバルクを提供する複合材料など効率的な充填のために岩石は完成品よりもはるかに小型である必要があり、さまざまなサイズが用意される。たとえば、コンクリート製造に使用される石の粒子には通常、砂利両方が使用される。

繊維複合材料との比較[編集]

砕砂の種類[編集]

総サイズ[編集]

強化複合材料[編集]

ナノコンポジット[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]