砂浜Tシャツアート展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂浜Tシャツアート展

砂浜Tシャツアート展(すなはまTシャツアートてん)は、高知県幡多郡黒潮町の入野海岸にある砂浜美術館[1]で開催される、Tシャツアートの展覧会。主催は特定非営利活動法人砂浜美術館。開催時期はゴールデンウィーク中の5日間[2]。砂浜に立てた柱の間に渡したロープに、イラストを施したTシャツを並べて吊り下げる形で展示される[3]

展示されるTシャツは全て公募作品であり、オリジナルのデザイン・写真を素材として募集する。素材画はオーガニックコットンTシャツにプリントされ、展示された後は、出品者の下へ送り届けられる[3]

期間中には、その他さまざまな催し(シーサイドはだしマラソン、ビーチサンダル飛ばし大会など)も同時開催される[3]

歴史[編集]

第一回は1989年[4]。黒潮町職員の松本敏郎がデザイナーの梅原真とともに砂浜美術館を設立。砂浜美術館の一展示として、フォトイラストレーターの北出博基の発案でTシャツアート展を開催した。発想のヒントは、花王の洗剤ニュービーズの広告であったという[5]。当初は町議会で議員から批判的な意見が出たりしたが、やがて多くの観光客を集めるイベントに成長した[5]

[編集]

以下の賞がある[2]

  • 砂浜大賞 - 1作品
  • 優秀賞 - 2作品
  • ひらひら賞 - 5作品
  • Wind賞 -10作品

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特定の建物は存在せず、自然の砂浜を「美術館」に見立てている。
  2. ^ a b Tシャツアート展:NPO砂浜美術館、今年も作品募集 来月8日締め切り−−黒潮・入野海岸のイベント ”. 毎日jp (2013年2月9日). 2013年2月14日閲覧。
  3. ^ a b c 砂浜美術館公式ウェブサイトを参照。
  4. ^ 美しい砂浜が美術館 ”. 建設コンサルタンツ協会 (2009年10月). 2013年2月14日閲覧。
  5. ^ a b まちをあきらめない/7 高知県黒潮町 南海トラフ「全国最大の津波」予測 毎日新聞2013年1月8日

外部リンク[編集]