石黒敦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石黒 敦彦(いしぐろ あつひこ、1952年 - )は、日本のサイエンス・アート研究者である。「“来るべき芸術”のためのワークショップ」設立者・代表、「メビウスの卵展」実行委員会・代表、多摩美術大学情報デザイン学科倉敷芸術科学大学大学院および武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師を兼任する[1]

来歴・人物[編集]

1952年東京都に生まれる。1977年、明治学院大学文学部を卒業[1]後、出版社勤務を経て、1986年、「“来るべき芸術”のためのワークショップ」を設立する[2]。1987年9月、東京・神田神保町美學校に「芸術科学実験工房」を設立、講師をつとめる( - 1993年4月)[2]

1980年代末から日本を巡回した「エクスプロラトリアム展」(ワークショップ部門、1989年6月 - 10月、科学技術館ほか)、1991年にはじまり2011年現在までつづく「メビウスの卵展」(O美術館、せんだいメディアテーク金沢21世紀美術館など)をはじめ多数の美術展・美術館のキュレーションを手がける[2]

2006年2月、世界で初めてのナム・ジュン・パイク追悼イヴェントとなった東京都現代美術館での「ナム・ジュン・パイク追悼・東京ミーティング “Tokyo Requiem”」実行委員会事務局となってよびかけ、靉嘔en:Ay-O)、赤瀬川原平阿部修也坂根厳夫、岡部徳三(岡部版画工房)、坂本龍一木村立哉らとともに実行委員をつとめた[3]。また、同年、木村(葛飾ホックニー)の主宰する芸術運動「Picture Yourself Sound School」に参加、もっぱらDJとして活躍する[4]。 2006年にはグレーター・トウキョウ・フェスティバル公式サイト内の「東京おもしろミュージアムガイド」を監修。 2012年5月より、横浜市みなとみらい地区の新港ピアの活用プロジェクト「ハンマーヘッドスタジオ/新・港区」に参加し、旧横浜トリエンナーレ展示棟内に「FORESTudio」(フォレスタジオ)を開設。芸術的実験とメビウスの卵展などの巡回中継の拠点として活動している。

ビブリオグラフィ[編集]


脚注[編集]

外部リンク[編集]