石川流宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『大和耕作絵抄』(部分) 大名行列先頭の中間

石川 流宣(いしかわ とものぶ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

師系不明。作は菱川師宣または杉村治兵衛の画風とされている。姓は石川、名は俊之。俗称伊左衛門。画俳軒、河末軒流舟と号す。戯作名は踊鶯軒。『江戸図鑑綱目 乾』(元禄2年〈1689年〉刊行)の「浮世絵師」の項に「浅草 石川伊左衛門俊之」としてその名が見え、浅草に住んでいたことが知られる。作画期は貞享から正徳の頃にかけてで、元禄期の主要な絵師の一人といわれている。作は主に好色本、地誌など版本の挿絵を描き、戯作も執筆する。また日本図、世界図、江戸図の木版地図の作画を手がけており、それらは「流宣図」と呼ばれている。一枚絵はあまりないが、『増訂浮世絵』によれば流宣の一枚絵で「元禄頃と思はれる単純素朴な傘をさした版画」があるという。

作品[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]