石川伍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 伍一(いしかわ ごいち、慶応2年(1866年)5月 - 明治27年(1894年9月19日)は、日清戦争期の海軍関連の民間人諜報活動家、大陸浪人の先覚者。

経歴[編集]

陸奥国鹿角郡毛馬内に生まれる。父・石川儀平に伴い9歳で盛岡に出て仁王小学校に学び、明治12年(1879年)に東京に出て攻玉社に入るも、転じて島田篁村について漢学を修め、次いで興亜会支那語学校に入って支那語を学ぶ。

明治17年(1884年)に上海に渡り、海軍大尉・曽根俊虎に従いの情勢を研究。次いで、荒尾精らと共に漢口楽善堂の立ち上げに参加。北京天津四川方面までを幅広く調査にあたる。明治22年(1889年)には北京公使館付の海軍大尉・関文炳の知遇を受け西安洛陽から長江までを諜報。一時帰国したが、再び関大尉に従って北京に渡り、軍事探偵の任務を続け、明治26年(1893年)に北京公使館付海軍少佐・井上敏夫とともに黄海沿岸を芝罘から大同江河口に至り、対支作戦上の上陸に関する調査で多大な功績をあげる[1]

明治27年(1894年)に日清戦争開戦により、同人より帰国をうながされたがそのまま清国内に留まり、敵情調査を続けた。しかし、ついに天津で清の官憲に発見されて銃殺された。29歳没。

墓所は麻布光林寺

脚注[編集]

  1. ^ 『対支回顧録 下巻』561~562ページ。東京朝日新聞1893年6月25日2面「井上海軍少佐の探検」。

参考文献[編集]

  • 黒龍会編『東亜先覚志士記伝』(黒龍会出版部、1933年-1936年)
  • 『対支回顧録 下巻 列伝』(東亜同文会内対支功労者伝記編纂会編刊、1936年)