石原量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石原 量(いしはら りょう(ひとし)、1849年7月20日嘉永2年6月11日) - 1904年(明治37年)11月21日)は、日本の牧師である。

永田右仲・しんの長男として武蔵国に生まれる。生後まもなく、父永田右仲が三河国西端藩の本多家の家臣になったため、三河に移る。1866年慶応2年)9月に石原百翁の養子になり、石原姓になる。

1869年(明治2年)10月西端藩民事幹事、1871年(明治4年)4月に大属になったが、同年11年に退職して母と共に東京府本郷に移る。

1875年(明治8年)新栄教会デイヴィッド・タムソン宣教師より洗礼を受ける。宣教師より、ギリシア語ラテン語英語数学などを学ぶ。しばらく神学校にも在籍した。

1878年(明治11年)9月本郷教会の創立に係り、青山昇三郎吉岡弘毅と共に長老に就任する。1879年(明治12年)9月青木ちせと結婚する。長男と次男が生まれる。

1883年(明治17年)5月教職試験を受けて日本基督教会牧師になり、1883年(明治17年)6月9日按手礼を受けて本郷教会牧師に就任する。1889年(明治22年)妻ちせを亡くす。一時三河に帰るが、1890年母親を亡くする。

1890年(明治23年)東京第二中会の議長に就任、翌1891年(明治24年)に中会書記になる。1894年(明治27年)に信条改正をめぐって植村正久と争った。その結果、同年7月に日本基督教会より除名処分を受けた。

参考文献[編集]