石原勝敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 勝敏(いしはら かつとし、1931年(昭和6年)1月2日 - )は、日本の生物学者埼玉大学名誉教授島根県生まれ。1953年島根大学文理学部卒業。1957年東京大学大学院理学研究科博士課程退学。60年「ウニ卵の受精にともなうアルドラーゼの遊離と活性化」で理学博士。埼玉大学理学部助教授、1976年教授。94年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • 『発生のプログラム 発生学入門』裳華房 生命科学シリーズ、1986
  • 『背に腹はかえられるか 生物の極性とからだづくり』裳華房 ポピュラー・サイエンス、1996
  • 『図解生物科学講座 現代生物学』朝倉書店、1998
  • 『図解発生生物学』裳華房、1998
  • 『図説生物学30講 動物編 生命のしくみ30講』朝倉書店、2004
  • 『図説生物学30講 動物編 発生の生物学30講』朝倉書店、2007

共編著[編集]

参考[編集]