石井敬太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石井 敬太(いしい けいた、1960年10月23日 - )は、日本実業家伊藤忠商事代表取締役社長。

いしい けいた
石井 敬太
生誕 (1960-10-23) 1960年10月23日(60歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校早稲田大学法学部
職業実業家

略歴[編集]

東京都出身。早稲田大学法学部卒業。

1983年早大卒業後、伊藤忠商事入社。化学品畑を歩み、有機化学品第一部長、伊藤忠商事インドシナ支配人兼伊藤忠タイ会社社長、執行役員化学品部門長などを経て、2020年4月から専務執行役員エネルギー・化学品カンパニープレジデント兼電力・環境ソリューション部門長を務める[1][2]2021年4月から社長COO。2021年6月から代表取締役社長COO。

人物[編集]

早大学院高校在学中、大西鐵之祐の指導の下、「花園」の愛称で知られる全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。当時のメンバーには、TBSホールディングス社長の佐々木卓三越伊勢丹ホールディングス副社長の竹内徹東京海上日動火災保険元常務執行役員の寺林努らがいた。[3]

脚注[編集]

先代:
鈴木善久
伊藤忠商事社長
2021年 -
次代: