石上寺 (熊谷市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石上寺
石上寺.jpg
所在地 埼玉県熊谷市鎌倉町36
位置 北緯36度08分47.92秒
東経139度22分58.88秒
山号 星河山
宗派 真言宗智山派
本尊 千手観音
創建年 寛永年間
開山 栄光上人
開基 竹井新左衛門信武
正式名 千手院星河山石上寺
法人番号 5030005013205 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

石上寺(せきじょうじ)は、埼玉県熊谷市鎌倉町にある真言宗智山派寺院である。山号は星河山。本尊は千手観音

歴史[編集]

当寺は千手院星河山と称し、寛文11年(1671年)栄光上人が開山。開基は竹井新左衛門信武(寛永15年(1638年)9月26日)。1873年(明治6年)1月25日火災により、本堂、庫裡、寺宝等を失った。1921年(大正10年)1月墓地を大原に移し、1933年(昭和8年)庫裡を新築した。1945年(昭和20年)8月熊谷空襲のため本堂など焼失した。その後、妻沼地区の農家より仏堂を譲り受け仮本堂として2009年(平成21年)まで使用していた。宮大工の小川三夫棟梁により2年がかりで現在の新本堂が再建された。

度重なる荒川の洪水を治めるため、熊谷を支配していた鉢形城主北条氏邦は、天正2年(1574)松岩寺あたりから石上寺先あたりまで堤を築いた(北条堤)。現在も高所である。築堤後も堤の決壊に繰り返しみまわれ、その加護を願って堤の傍に建てられたのが石上寺である。石を積んだ上に建てられた寺という意味である。

モース博士像[編集]

1879年(明治12年)8月13日、林有章など地元の有力者が発起人となり境内の学舎でモースの講演会を開催。モースはダーウィン説に基づく「進化論」を通訳付きで熱弁した。当時の日本人には衝撃的で、聴衆からは批判された。埼玉県初の外国人科学者講演の地として「モース博士像」が置かれている。

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 熊谷市史編さん室『熊谷市史 通史編』熊谷市、1983年
  • 『熊谷市郷土文化会誌』熊谷市郷土文化会、第63号、2007年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]