短母指外転筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
短母指外転筋
Musculusabductorpollicisbrevis.png
The muscles of the left hand. Palmar surface.
ラテン語 Musculus abductor pollicis brevis
英語 Abductor pollicis brevis muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
屈筋支帯、舟状骨大菱形骨
第1基節骨底橈側
正中神経反回枝(C7-Th1)
作用 親指のCM関節とMP関節の外転、親指の対立と伸展の補助
テンプレートを表示
骨格筋 > 体肢筋 > 上肢の筋 > 手筋 > 母指球筋 > 短母指外転筋

短母指外転筋(たんぼしがいてんきん、abductor pollicis brevis muscle)は人間上肢筋肉で母指MP関節の屈曲、母指CM関節の掌側外転を行う。補助的作用として、母指の対立、IP関節の伸展も行なう。

舟状骨、屈筋支帯橈側端から起こり、第1中手骨頭橈側種子骨、母指基節骨底で停止する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]