正中神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神経: 正中神経
Nerves of the left upper extremity.gif
Nerves of the left upper extremity
ラテン語 nervus medianus
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
MeSH Median+Nerve
テンプレートを表示

正中神経(せいちゅうしんけい)は腕神経叢に由来する上肢腹側のおよそ真ん中を走行する神経で、前腕部においては、尺骨神経橈骨神経とならぶやや径の大きな神経である。前骨間神経総掌側指神経固有掌側指神経に分枝する。

支配筋[編集]

関連疾患[編集]

正中神経麻痺

原因としては手根管症候群、手首の骨折外傷(ガラスによる深い切り傷リストカットなど)、キーパンチャーのように手首を酷使する労働など。

  • 低位麻痺
手関節付近が障害されて起こる麻痺。母指球筋が萎縮することによる猿手英語版perfect O徴候、母指対立運動不能といった運動障害と、支配範囲である掌の橈側、母指、示指、中指、および環指の橈側半分の知覚障害を呈する。
手根管症候群(チネル徴候、ファーレンテスト陽性)やリストカットなどのほか、事故による手首の圧迫などで発症することもある。
  • 高位麻痺
肘窩より近位が障害されて起こる麻痺。正中神経が支配する筋肉および知覚範囲が障害される。低位麻痺の症状に加えて、前腕回内が出来ない、手関節、母指と示指が屈曲出来ない(祈祷指位)などの症状も出ることがある。(円回内筋症候群英語版

鍼灸治療における治療穴は郄門穴内関穴大陵穴曲沢穴

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]