矢野寛樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

矢野 寛樹(やの ひろき、1962年11月25日 - )は、テレビ新広島(TSS)の元アナウンサー。現職は報道制作局局次長兼報道編集長。

鳥取県米子市出身。東洋大学を卒業後、1987年テレビ新広島へ入社。大学の先輩でもある神田康秋の後継者としてプロ野球(広島東洋カープ)やサッカー(サンフレッチェ広島)など、テレビ新広島のスポーツ実況の中心を担った。2007・2011年のワールドカップバレーボールの地元・広島開催の日本戦では実況を担当。

報道部への異動の為、2014年7月1日の広島対巨人戦を以ってスポーツ中継から引退した。異動後は報道制作局局次長兼報道編集長に就任した[1]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014 TSS秋の番組改編記者発表 テレビ新広島・2014年9月10日。

外部リンク[編集]