直交表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

どの2列をとっても、その水準のすべての組み合わせが同数回現れる配列のことである。これを「その2列はバランスしている」あるいは「直交している」と呼ぶ。この性質を使って、実験計画法において因子と水準の割り付け表に用いられる。

一般的な多元配置実験では、一つの因子のみを変化させた条件で行うため、膨大な数の実験を行わなければならない。直交表で割り付けた実験は、複数の因子を変化させるが、どの因子・水準の組み合わせも同回数だけ実験するようにし、その因子の主効果を求められる。最小限の実験数に抑えられるという利点がある。 直交表を用いる実験は、交互作用に重きをおかず、主効果のみの実験を行う目的の場合に適する。

参考文献[編集]

  • 田口玄一、1976年、『実験計画法』3版、 丸善出版

関連項目[編集]