直交行列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直交行列(ちょっこうぎょうれつ, orthogonal matrix)とは、転置行列逆行列が等しくなる正方行列のこと。つまりn × n行列 M の転置行列を MT と表すときに、MTM = M MT = E を満たすようなMのこと。ただし、 En 次の単位行列

有限次元計量ベクトル空間の直交変換は、実直交行列(成分が全て実数の直交行列)によって定まる線形変換である。ただし、直交変換とは(必ずしも有限次元でない)実計量ベクトル空間 V において内積を変えない(等長性をもつ)線形変換 f のことである。すなわち、 v, wV の任意のベクトルとするときに、(f(v), f(w)) = (v, w) が成り立つ。ただし、(·, ·) は内積を表す。

定義[編集]

次正方行列 の 転置行列 逆行列になっているとき、すなわちを満たすとき、直交行列であるという。

直交行列は内積を保つ線型変換としても定義できる。実計量ベクトル空間 の任意のベクトル に対し、内積を とする。 が行列 により に変換されたとき、内積は

となるので、行列 が直交行列であるのは計量ベクトル空間 の内積を変えないとき、かつそのときに限る。

n 次直交行列全体の集合を n直交群といい、と書く。行列式の値が1となる直交行列全体の集合を特殊直交群といい、と書く。

[編集]

回転行列

2次元ユークリッド空間において、原点を中心に角 θ の回転をあらわす2次直交行列は以下で表される。

置換行列

2次の正方行列において、1行目と2行目を置換させる置換行列は以下で表される。

反射行列

反射行列 は、単位ベクトル を以下のように反転させる性質を持ち、ハウスホルダー変換に使用される。

性質[編集]

  • 直交行列の行列式の値は ±1 である。実際、行列 A が直交行列なら行列式の性質から
となる。
  • n 次行列 An 個の列ベクトル(行ベクトル) を並べたものとみなしたとき、直交行列の定義 AAT=Eが正規直交基底になる条件と同値である。
  • n 次の直交行列 An 次の列ベクトル x が与えられた時、ノルムを ‖•‖ で表せば、 ‖Ax‖ = ‖x‖ である。

参考文献[編集]

  • 齋藤 正彦 『線型代数入門』 東京大学出版会〈基礎数学〉、1995年ISBN 978-4130620017
  • 佐武 一郎 『線型代数学』 裳華房〈数学選書〉、1974年ISBN 978-4785313012
  • Gilbert Strang (2007). Computational Science and Engineering. Wellesley-Cambridge Press. ISBN 978-0961408817. 

関連項目[編集]

脚注[編集]