盛岡秋田道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道46号標識

盛岡秋田道路(もりおかあきたどうろ)は、岩手県盛岡市を起点に秋田県秋田市大仙市協和より国道13号と重なる)に至る、延長約80キロメートル (km) の地域高規格道路国道46号)の路線名である。

1998年6月16日計画路線に指定。このうち岩手県岩手郡雫石町内の0.7 kmが橋場改良として事業化され、2002年12月4日に開通した。秋田県仙北市田沢湖小松から同市角館町小勝田までの延長6.1 kmが角館バイパスとして事業化されており、起点側から2007年以降順次暫定2車線で開通していき、2013年に全線開通した[1]


インターチェンジなど[編集]

計画区間

計画区間

脚注[編集]

  1. ^ 国道46号角館バイパス全線開通 (PDF)”. 国土交通省東北地方整備局秋田河川国道事務所. 2019年10月12日閲覧。

関連項目[編集]