仙岩道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道46号標識

仙岩道路(せんがんどうろ)は、岩手県岩手郡雫石町橋場より秋田県仙北市田沢湖生保内にいたる、国道46号バイパスである。

盛岡市秋田市の両県庁所在地を結ぶ重要な道路として1964年(昭和39年)、仙岩峠を越える自動車道(別名:南八幡平パークライン)が、岩手・秋田両県の大きな期待を集めて開業した。しかし、この道路は急勾配と急カーブの連続で通行しにくく、また冬季は積雪のため通行止めになってしまうなど、当初期待されていた目的を果たせない状態であった。そのため、開通間もない1970年(昭和45年)には、新たな道路の工事が始まった。

こうして、当時最新鋭の技術と莫大な建設費を投入し、険しい山にとりつく桟道のような橋と、仙岩トンネル(全長:2,544m)を始めとする長大トンネルを連ねた道路が1976年(昭和51年)11月に開通[1]。両県の県境は通年の通行が可能となり、当初期待されたような秋田・岩手両県を結ぶ大動脈の一部として機能するようになった。

概要[編集]

  • 総延長:11.6km
  • 起点:岩手県岩手郡雫石町橋場字荒沢(岩手県道266号国見温泉線交点、国見温泉入口交差点)
  • 終点:秋田県仙北市田沢湖生保内字武蔵野(武蔵野交差点)
  • 通行不能区間:無し。

出典[編集]

  1. ^ “強く美しい岩手 -事務所紹介(沿革)-”. 岩手河川国道事務所公式ページ (国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所). http://www.thr.mlit.go.jp/iwate/jimusho/torikumi/05_gaiyou/17.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]