白石島の鎧岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shiraishijima Yoroiiwa1.jpg

鎧岩(よろいいわ)は、岡山県笠岡市白石島にある奇岩である。白石島の鎧岩(しらいしじまのよろいいわ)の名称で、天然記念物に指定されている(1942年10月14日指定)[1] 。

概要[編集]

白石島中央の鬼ヶ城山山頂にあり、アプライト(半花崗岩)の岩脈が壁状に見える(縦約10m、横約5m)。アプライトは花崗岩に貫入したものであるが、上側にある花崗岩が風化によって削られ、岩脈が露出した。岩脈に発達した方状節理の様子が大鎧の大袖のように見えることから、「鎧岩」と名付けられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文化庁. “白石島の鎧岩”. 国指定文化財等データベース. 2011年10月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 光野千春ほか解説 『岡山の地学』 山陽新聞社出版局編、山陽新聞社〈原色図鑑〉、1982年。ISBN 4-88197-108-5
  • 山陽新聞社編 『岡山の美と心 : 文化財写真集』 山陽新聞社出版局、1990年(英語)。ISBN 4-88197-330-4
  • 沼野忠之 「誰が着たのか白石島のよろい岩!?」『不思議発見岡山のなぞ!?』 山陽新聞社編、山陽新聞社、1995年、115-117頁。ISBN 4-88197-562-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 笠岡市生涯学習課 (2011年3月1日). “白石島の鎧岩”. 笠岡市の指定・登録文化財. 笠岡市. 2011年10月14日閲覧。

座標: 北緯34度23分59.16秒 東経133度30分53.65秒 / 北緯34.3997667度 東経133.5149028度 / 34.3997667; 133.5149028