白川文造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白川 文造(しらかわ ぶんぞう、1936年9月11日[1] - )は、日本実業家テレビドラマプロデューサー。元ビーエスフジ(BSフジ)社長。

来歴・人物[編集]

香川県観音寺市出身。香川県立観音寺第一高等学校東京大学文学部西洋史学科卒業。

1962年(昭和37年)東京大学卒業後、フジテレビジョン入社。編成局に勤務し、『鉄腕アトム』 『鉄人28号』 『夜のヒットスタジオ』 『北の国から』 など数多くのヒット番組の編成・企画・プロデュースに携わる[2]

1981年(昭和56年)10月9日、『北の国から』の第1話が放映される。初回視聴率16.4%、最終回は21.0%を獲得した。視聴者からの反響は絶大で、以後20年間で8本のスペシャルが放送される国民的ドラマとなった[3]

1998年(平成10年)ビーエスフジ(BSフジ)社長に就任。

2006年(平成18年)12月、香川県観音寺市の依頼により旧1市2町合併記念事業の一つとして、新観音寺市を全国に紹介する 『わが青春の観音寺』 のテレビ番組を制作。本市出身の直木賞作家芦原すなおの小説「青春デンデケデケデケ」の追想など、さまざまな青春物語が、ドキュメンタリー形式で描かれている[4]

略歴[編集]

  • 1962年(昭和37年)3月 

  東京大学文学部西洋史学科卒業

  • 1962年(昭和37年)4月 

  フジテレビジョン入社 編成局編成部勤務、1986年(昭和61年)まで数多くのTV番組編成、企画、プロデュースを担当

  • 1980年(昭和55年)6月 

  編成部副部長。第2の開局の編成及び企画全般を担当

  総合開発室長。新規事業及び、ニューメディア部門担当

  同社 取締役

  ネットワーク(フジテレビ系列)の担当取締役兼ねてニューメディア部門も担当

  同社 取締役退任、鹿児島テレビ放送 副社長

  • 1998年(平成10年)6月 

  鹿児島テレビ放送 副社長退任、同社 顧問に就任

  • 1998年(平成10年)12月

  ビーエスフジ 代表取締役社長

  フジテレビジョン 取締役

  ビーエスフジ 代表取締役会長、フジテレビジョン 取締役退任

  ビーエスフジ 取締役相談役[5]

編成部時代の主な担当作品[編集]

  『鉄腕アトム』 『三匹の侍』

  『新春ポピュラー歌手かくし芸大会』

  『若者たち』 『ママとあそぼう! ピンポンパン』

  『テレビ グランドスペシャル』

  『ゲゲゲの鬼太郎』 『男はつらいよ』

  『スター千一夜』(この1年間のみ制作部所属)

  『水曜劇場』 『おんぶにだっこ』

  『ママとあそぼう! ピンポンパン』第2期 『おらんだ左近事件帖』

  『水曜劇場』 『下町かあさん』 『かあさんの四季』

  『ぶらり信兵衛・道場破り』

  『6羽のかもめ』

  • 1981年(昭和56年)

  『北の国から』[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『香川県人物・人材情報リスト 2002』(日外アソシエーツ)(2002年) 169頁
  2. ^ 『みんなの県政THEかがわ<かがわ羅針盤>』 2014年8月16日閲覧
  3. ^ 『第10回「フジテレビ物語(中編)」』 2016年12月3日閲覧
  4. ^ 『観音寺市 市長の部屋』 2014年8月16日閲覧
  5. ^ 『はてなキーワード 白川文造』 2014年8月16日閲覧
  6. ^ 『BUNZO's note ~昭和のテレビ編成マンの昔話~』 2014年8月16日閲覧

参考文献[編集]

  • 『燧 第32号』(観一高同窓会東京支部)(2007年) 91頁~113頁