白山城 (尾張国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
白山城
愛知県
白山城跡地
白山城跡地
別名 松本館
城郭構造 平城
築城主 松本伊策
築城年 1536年 - 1565年
主な城主 松本氏
廃城年 天正12年(1584年)以降
遺構 なし
位置 北緯35度16分29.5秒東経137度2分4.7秒座標: 北緯35度16分29.5秒 東経137度2分4.7秒

白山城(しらやまじょう)は、現在の愛知県春日井市にあった、室町時代後期の日本の城平城)である。

概要[編集]

白山城は室町幕府将軍足利義輝の頃に松本伊策が築城した。

歴史[編集]

小牧・長久手の戦いの際に松本伊策は徳川家康軍に属した。戦後に織田家と親密な関係があったことが豊臣秀吉に伝わり、後にトラブルになった。その事が原因で白山城は廃城となった。城主である松本伊策はその後、帰農したという。

現在の状況[編集]

昭和初期には東西約18m南北約12.5mほどの土塁が残っていたが高蔵寺ニュータウンの開発により、宅地となり城の面影は何も残っていない。

所在地[編集]

関連項目[編集]