白井静雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

白井 静雄(しらい しずお、1948年11月2日 - 、東京都出身、血液型・A型)は、日本のフリーアナウンサー。元文化放送アナウンサーで、元 編成局報道制作部デスク。法政大学国文学科卒業。

同期アナウンサーには、中田秀作(2001年退社)がいる。

来歴・人物[編集]

  • 1971年4月、文化放送に入社。アナウンス部に所属するが、1981年に報道部に異動。2001年には、アナウンス部へ部長として復帰した。
  • 報道部時代から、ニュース キャスターとして、お昼のニュースや「ニュース・パレード」を担当。
  • 2007年7月から、再び報道制作部に異動となり、2008年9月25日まで、デスク業務を務めた。[1]
  • 2008年11月、文化放送を定年退職。フリーアナウンサーとして、独立した。
  • 退社後、しばらくの間、充電期間を置いていたが、2009年10月11日スタートの『ラジオふるさと便』の4代目パーソナリティとして、ラジオに復帰した。

定年退職後[編集]

定年退職後は、ラジオCMのナレーションを除いて、全てのメディアには一切登場せず、事実上の隠居生活を送っていた。その後、文化放送の公式サイトに於いて、2009年秋シーズンから再開される『ラジオふるさと便』の新パーソナリティに起用される事が決まり、2008年9月のニュース・パレード出演以来、約2年振りに復帰した。白井は『ラジオふるさと便』の出演を、自身のラジオ人生の集大成と位置づけている。

過去の担当番組[編集]

報道制作部に異動後、制作に関わっている番組については、コメンテーターとして、出演する場合があった。

外部リンク[編集]