癌腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

癌腫(がんしゅ、英語: Carcinoma)とは、皮膚や粘膜など外界と接する身体の上皮細胞に由来する悪性腫瘍[1]

国際疾病分類[編集]

国際疾病分類の日本語訳ではCarcinomaの訳語として、癌腫を当てており、上皮性悪性腫瘍を意味する[2]。ただし、用語の語尾で用いられる場合は単に「〜癌」とする[2]

癌腫は悪性腫瘍の一種である[2]。腫瘍は国際疾病分類のtumorの日本語訳であり、「生体内において、その個体自身に由来する細胞でありながら、その個体全体としての調和を破り、時に他から何らの制御を受けることなく、又自らの規律に従い、過剰の発育をとげる組織をいう。」と定義されている[2]

新生物(neoplasm)も腫瘍と同義に用いられており、良性と悪性があり、悪性新生物は癌、癌腫及び肉腫を意味する[2]。悪性新生物は、上皮細胞性の癌腫、間質細胞性の肉腫(にくしゅ、Sarcoma)、その他(造血器由来の白血病や中皮由来の中皮腫など)に分けられる[1]

癌腫の種類[編集]

病理学的分類[編集]

ちなみに、非小細胞肺癌 (non-small cell carcinoma) といった場合は、小細胞肺癌以外の肺癌(肺腺癌、肺扁平上皮癌、大細胞肺癌)を指す。

解剖学的分類[編集]

代表的な癌を示す。

人類の化石上のガン[編集]

160万年から180万年前の人類の化石に骨肉腫、198万年前の化石からは脊椎の良性腫瘍の痕跡が確認されている[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b がん概論”. 国立がん研究センターがん対策情報センター. 2022年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 国際疾病分類 腫瘍学 第3.1版”. 厚生労働統計協会. 2022年5月3日閲覧。
  3. ^ 170万年前のヒト化石に最古のがん発見 NATIONAL GEOGRAPHIC 2016年7月29日配信 2021年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]