疣贅状表皮発育異常症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

疣贅状表皮発育異常症(ゆうぜいじょうひょうひはついくいじょうしょう、: Epidermodysplasia verruciformis)は、などに木の皮のような(いぼ)が生じる、遺伝性の皮膚疾患[1]ツリーマン症候群(樹木男症候群)ともいう[2]

歴史[編集]

疣贅状表皮発育異常症は非常に珍しい皮膚疾患で世界に数例しか診断例がない[1]

2017年1月、バングラデシュの男性がダッカ医科大学病院で少なくとも16回の手術を受け手足にできた5kgもの疣を除去し[1]、医師団は同年中の完治宣言を行おうとしていたものの、2018年1月には再び疣が生じていることが報じられている[3]

男性の症例のみが知られていたが、2017年1月31日、バングラデシュの少女が女性として初めて疣贅状表皮発育異常症を発症した可能性があると伝えられた[2]。2月7日には1回目の疣の除去手術を終えたが[4]、術後かえって症状が悪化していると父親が判断し、これ以降の手術を拒否したため、除去手術は最後まで完了できなかった[5]

原因と症状[編集]

ヒトパピローマウイルス(HPV)5型もしくは8型のウイルスの感染により疣が発症し、なんらかの原因でウイルスへの免疫抗体が産生されない場合に進行する。疣の発育が止まらなくなった結果、手や足などが疣で覆い尽くされる。この様子がまるで樹木のようにも見えることから、ツリーマン症候群と俗に言われる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “バングラデシュの「樹木男」、16回の手術経て無事退院の見込み”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年1月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3113332 2018年1月31日閲覧。 
  2. ^ a b “バングラの少女、女性として初めて「樹木男症候群」発症か”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年1月31日). http://www.afpbb.com/articles/-/3116142 2018年1月31日閲覧。 
  3. ^ “バングラデシュの「樹木男」、手術で除去したイボが再発”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年1月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3160549 2018年1月31日閲覧。 
  4. ^ “「樹木男症候群」発症とみられる少女、イボ除去手術成功 バングラ”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年2月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3117003 2018年1月31日閲覧。 
  5. ^ “「樹木男症候群の少女 「治らないかも」と父親危惧、治療続行を拒否”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年3月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/3122923 2018年1月31日閲覧。 

関連項目[編集]