異魔話武可誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝川春英『異魔話武可誌』肥前の国 市坊主

異魔話武可誌』(いまはむかし)は、1790年寛政2年)に須原屋茂兵衛などから出版された、勝川春英勝川春章(補助)[1]による妖怪を主題とした版本である。

概要[編集]

浮世絵師・勝川春英とその師である勝川春章によって描かれた妖怪画を収録した版本で、図には彩色もほどこされている。最終丁は宝船の図が描かれている。図のみが収録されており、文字情報は序文(無署名)と妖怪の名前が示されているだけである。

本書の伝本は非常に少ない。大英博物館の所蔵本には若井兼三郎(日本美術品輸出商・「起立商工会社」副社長。1834-1908)の印章が確認できる[2]

列国怪談聞書帖[編集]

列国怪談聞書帖』(れっこくかいだんききがきぞうし)は1802年享和2年)に三崎屋清吉(文栄堂)から出版された読本(よみほん)である。『異魔話武可誌』の版木を流用し、十返舎一九による文章を足して再構成された作品である。

一九により、それぞれの妖怪に関する説話が付けられているが、すべての妖怪画に文章が付けられているわけではない(33点のうち17点)。また『異魔話武可誌』には存在しなかった新規の図や、収録されなかった図、妖怪の名称が異なっている図も存在するが、その異動改竄の意図は明確にはなっていない。また『異魔話武可誌』最終丁の宝船の図も存在していない。

『怪談百鬼図会』より(江馬務『日本妖怪変化史』大入道)

怪談百鬼図会[編集]

怪談百鬼図会』(かいだんひゃっきずえ)は刊行年代不詳であるが、『列国怪談聞書帖』と同様に十返舎一九の序を加えて再構成・再刊行された『異魔話武可誌』である。

風俗研究家・江馬務は『日本妖怪変化史』で同書から図版を引いており、引用目書名に『怪談百鬼図会』とある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 棚橋正博 校訂『十返舎一九集』 国書刊行会 叢書江戸文庫 1997年 413頁
  2. ^ 鹿倉秀典 「翻刻 十返舎一九作『列国怪談聞書帖』」 『館林叢書第二十二巻 江戸時代の秋山文庫』 館林市立図書館 1994年 108-109頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]