田代正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田代 正治(たしろ しょうじ、1892年明治25年)9月11日[1] - 1983年昭和58年)11月11日[2])は、日本の実業家、漁業家、政治家衆議院議員

経歴[編集]

新潟県中蒲原郡村松町(現五泉市)で素封家・田代兼次の三男として生まれる[1][3]新潟県立新潟中学校を経て、1915年、農林省水産講習所漁撈科を卒業した[1][2]

その後、佐渡島漁業に従事[1]1916年青森県技手に就任[1]1919年日魯漁業平塚常次郎に見いだされ同社に入社[1]。函館製網船具 (株) に転じて新川工場長に就任し漁網の改良に従事[1]1931年に独立して漁網漁具製造販売業を営んだ[1][3]。また、函館産業社長、函館青果卸売市場社長、北海道方面委員函館地方裁判所調停委員、函館調停協会理事などを務めた[1][2]

1934年、函館市会議員、1936年、北海道会議員にそれぞれ選出[1][3]1937年4月、第20回衆議院議員総選挙で北海道第三区から出馬して当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『函館名士録』162-163頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』353頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録』第13版 下、タ16頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 深井清蔵編『函館名士録』函館名士録発行所、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。