田中進 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 進(たなか すすむ、1959年8月23日[1] - )は、日本実業家官僚ゆうちょ銀行取締役代表執行役副社長である。

人物・経歴[編集]

大阪府出身で、京都大学法学部を卒業した[要出典]

昭和57年(1982年)4月に郵政省へ入省した[1]昭和62年に奈良県下市郵便局長に着任した[要出典]郵政省では主に貯金畑を歩み、平成8年(1996年)7月に貯金局経営計画課経営調査室長へ[要出典]、平成13年(2001年)7月に総務省郵政企画管理局貯金経営計画課長[1]に就任した。平成16年6月には内閣官房郵政民営化準備室参事官[1]として郵政民営化に携わり、平成15年(2003年)1月に郵政事業庁貯金部資金運用課長[1]、同年4月に日本郵政公社郵便貯金事業本部企画部長[1]を経て、民営化と同時に平成19年(2007年)10月にゆうちょ銀行執行役[1]営業企画部長[要出典]に就任した。

平成21年(2009年)6月にゆうちょ銀行常務執行役[1]経営企画部長[要出典]に、平成24年(2012年)4月に専務執行役兼経営企画部長[要出典]に、平成25年(2013年)6月に取締役兼執行役副社長[1]に、平成27年(2015年)3月に同取締役兼代表執行役副社長[1]に昇任した。また、平成21年(2009年)10月には、日本郵政株式会社常務執行役を兼ねる[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 2016年度有価証券報告書 (PDF)”. ゆうちょ銀行. p. 58. 2017年2月18日閲覧。