田中誠二 (国史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 誠二
人物情報
生誕 1948年
日本の旗 日本 広島県
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学文学部国史学研究科
学問
研究分野 日本近世
萩藩の研究
研究機関 山口大学
学位 文学博士
主要な作品 『萩藩財政史の研究』(塙書房、2013年)
テンプレートを表示

田中 誠二(たなか せいじ、1948年 - )は、日本の歴史学研究者。専門は日本近世史、古文書の研究。元山口大学人文学部教授。同大学歴史学講座大学院教授。文学博士京都大学にて取得)。

略歴[編集]

  • 1948年 - 広島県にて生まれる。
  • 1972年 - 京都大学文学部国史学卒業。
  • 1975年 - 京都大学文学研究科国史学。
  • 1977年 - 山口大学助手。
  • 1981年 - 同大学助教授。
  • 同大学教授に就任[1]
  • 2010年 - 同大学人文学部歴史学講座大学院教授[2]

活動[編集]

  • 1991年6月 - 山口大学助教授として、萩ユネスコ協会総会にて、「萩藩から見た近世初期の幕藩関係」の公開講演を行う[3]
  • 萩城城下町検討委員会の専門委員となる[4]
  • 2010年 - 山口県文化財保護審議会委員に再任[5]
  • 同年3月、山口大学にて、やまぐち学シンポジウム『萩藩研究の新展開』の講義を行う[6]

著書[編集]

  • 『長州藩地方史料の基礎的研究-大谷家文書を中心に-』1989年、山口大学。
  • 『萩藩財政史の研究』塙書房、2013年[1]

人物[編集]

  • 野球が好きである。山口大学人文学部研究室対抗で、ソフトボールの試合で活躍していた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]