田中薫子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中薫子(たなか かおるこ、1965年 - )は科学書・児童書の翻訳者。

幼少期をニューヨークシドニーで過ごす。慶應義塾大学理工学部物理学科を卒業。ソニーを経て93年よりフリー翻訳者。

科学書としては『ザ・サイエンス・ヴィジュアルシリーズ』(東京書籍)の叢書の翻訳者。児童書の分野では、宮崎駿監督の映画『ハウルの動く城』の原作者ダイアナ・ウィン・ジョーンズの魔法ファンタジーシリーズの翻訳者として有名。『魔女と暮らせば―大魔法使いクレストマンシー』(2004)、『マライアおばさん』(2003)、『花の魔法、白のドラゴン』(2001)、『魔法がいっぱい』(2003)ほか(いずれも徳間書店)。ほかもロバート・ローソンの『ウサギの丘』(フェリシモ、2002年)、ジャン・マーク『おしゃべりなニンジン』(徳間書店)、M・マーヒー『ジャムおじゃま』(徳間書店)、クリス・リデル『ぞうって、こまっちゃう』(徳間書店)など多数。

関連項目[編集]