田中芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 芳雄(たなか よしお、1881年3月9日 - 1966年5月8日)は、日本の応用化学者東京大学名誉教授。

来歴[編集]

埼玉県生まれ。東京帝国大学工科大学応用化学科卒。

石油、油脂、ゴムの権威として、化学工業界の発展に尽力した。1918年東京帝国大学教授、後に東京工業大学教授兼任。1927年「本邦産石油の成分並びに応用に関する研究」で帝国学士院賞受賞。1938年帝国学士院会員。1961年文化功労者。主著に『化学工業総論』、『有機工業化学』等。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  2. ^ 『官報』第1657号「叙任及辞令」1918年2月13日。
  3. ^ 『官報』第1846号「叙任及辞令」1918年9月27日。