田中良平 (版画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 良平(たなか りょうへい、1933年 - 2019年)は、日本版画家である[1]

概要[編集]

田中良平は、日本の原風景京都などを多く手がけた[2]。いくつかの作品は、ボストン美術館メトロポリタン美術館[1]クリーブランド美術館[3]シンガポール国立博物館にも作品が収められている[4]

略歴[編集]

田中良平は1933年、大阪府高槻市に生まれる[5]。1955年に高槻高等学校を卒業、1963年に古野由男に師事し、エッチングを学んだ。そして1966年に日本版画協会に作品を出展し始め、1973年に正会員となり、すべてにおいて「完璧であれ」をモットーに制作を続ける[6]。1975年に、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ・買取賞を受賞。その後も、精力的に作品を発表し、高い評価を受ける。2019年没。

関連項目[編集]

  • 或阿呆の一生 - 1970年に作成した銅版画が英語版の挿絵に採用される。

脚注[編集]

  1. ^ a b Ryohei Tanaka Artist | Black and White Etchings | Ronin Gallery”. www.roningallery.com. 2021年5月9日閲覧。
  2. ^ TANAKA Ryohei | Tolman Collection of Tokyo” (日本語). tolmantokyo.com. 2021年5月9日閲覧。
  3. ^ Search the Collection” (英語). Cleveland Museum of Art. 2021年5月9日閲覧。
  4. ^ Ryohei Tanaka (artist) - artelino”. www.artelino.com. 2021年5月9日閲覧。
  5. ^ 版画家図鑑:田中良平(たなかりょうへい)TANAKA Ryohei”. www.hanganet.jp. 2021年5月9日閲覧。
  6. ^ 静寂の美:田中良平版画展” (オランダ語). Sieboldhuis. 2021年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]