田中源太郎 (埼玉県の政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 源太郎(たなか げんたろう、1859年1月12日(安政5年12月9日[1])- 1923年大正12年)2月9日[1][2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

武蔵国葛飾郡樋籠村[1](のち埼玉県北葛飾郡幸松村、現:春日部市)で、葛飾郡随一の素封家・田中為次郎の長男として生まれる[1][3]。家業の酒造業を継承した[1]

樋籠村戸長、八丁村連合戸長を歴任し、庄内古川改修などに尽力した[1]。また立憲政友会に所属して埼玉県会議員を務めた[1][2]

1918年9月29日、貴族院多額納税者議員に任じられ[4]1922年6月23日に辞職した[1][2][5]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『埼玉人物事典』514頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』206頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第6版、た21頁。
  4. ^ 『官報』第1848号、大正7年9月30日。
  5. ^ 『官報』第2968号、大正11年6月24日。

参考文献[編集]

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。