田中千也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
田中 千也
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年(1701年
死没 寛延2年5月11日1749年6月25日
別名 茂右衛門(通称)
戒名 悟心院大誉廓然
幕府 江戸幕府佐渡奉行所
氏族 甲斐源氏佐渡田中家
父母 前田有淑・鳥井嘉左衛門娘、田中盛以・辻きち
兄弟 田中左右次
原田鶴子
田中美真

田中 千也(たなか ?)は江戸時代中期の佐渡奉行所地役人。佐渡田中家8代。

経歴[編集]

前田有淑の三男として生まれ、田中盛以の養子となった[1]享保5年(1720年)定床屋番役、享保6年(1721年)筋金所役、享保8年(1723年)小木番所役、享保10年(1725年)書役、享保12年(1727年)大間番所役、享保14年(1729年)金銀改役、同年地方役、享保20年(1735年)目付[1]

寛保3年(1743年)金蔵定番役、延享2年(1745年)小木番所定番役、延享4年(1747年)在方役[1]寛延2年(1749年)5月2日退職し、5月11日49歳で死去した[2]。法名は悟心院大誉廓然[1]

親族[編集]

  • 実父:前田弥左衛門有淑[3] - 留守居辻露元実子[1]、前田六兵衛[1]友淑[3]養子。金蔵定番役[1]
  • 実母 - 鳥井嘉左衛門娘、久保十右衛門養女[1]
    • 実姉 - 辻六郎右衛門後家[1]
    • 実姉 - 古藤休宝後家[1]
  • 養父:田中盛以
  • 養母:きち - 辻春興了純娘[3]
    • 義弟:田中左右次[1]
    • 義妹 - 岸野八郎左衛門後家[1]
  • 先妻 - 田中盛以娘[1]
  • 後妻:鶴子[4](買石原田孫兵衛娘[2]、元禄13年(1700年) - 天明3年(1783年)8月4日[4]
  • 男子:田中美真
    • 娘2人同居[1]
    • 娘 - 千葉五郎右衛門妻[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 佐藤 2003, pp. 17-18.
  2. ^ a b 佐藤 2003, pp. 14-15.
  3. ^ a b c 佐藤 2003, p. 3.
  4. ^ a b 田中 1931, p. 4オ.

参考文献[編集]

  • 「葵園先生年譜」『葵園遺稿』 田中完三1931年9月
  • 佐藤利夫 「佐渡田中家の系譜」『地役人の系譜 田中葵園資料寄贈記念展報告書』 相川郷土博物館2003年3月

外部リンク[編集]