生駒親睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生駒 親睦(いこま ちかとし、享保19年(1734年) - 天明2年2月12日1782年3月25日))は、江戸時代中期の旗本通称は三左衛門、監物。

生涯[編集]

駿河国田中藩本多正矩の七男として誕生した。交代寄合生駒親賢の養子となる。明和8年(1771年)3月25日、将軍徳川家治御目見する。同年8月8日、親賢の隠居により家督を相続する。安永9年(1780年)7月1日、初めてお国入りする許可を得る。生駒家は交代寄合であったものの、それまで参勤交代をしていなかった。天明2年(1782年)2月12日、死去。49歳。家督は子の親章が継いだ。

正室は生駒親賢の養女(実父津田信成生駒親信の元正室)。1男4女あり(そのうち養女2人)。

参考文献[編集]