生駒正親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生駒 正親(いこま まさちか、延宝6年(1678年) - 宝永3年1月27日1706年3月11日))は、江戸時代旗本。幼名は長松、通称は小次郎、玄蕃。

生涯[編集]

交代寄合生駒親興の長男として誕生。元禄10年(1697年)10月28日、将軍徳川綱吉にお目見えする。元禄15年(1702年)6月23日、父親興の死去により、家督を相続する。宝永3年(1706年)1月27日、死去。29歳。正室は保田宗卿の娘。子女はいない。末弟親猶が養子として家督を相続した。

参考文献[編集]