現代文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現代文学賞
各種表記
ハングル 현대문학상
漢字 現代文學賞
発音 ヒョンデムナクサン
日本語読み: げんだいぶんがくしょう
テンプレートを表示

現代文学賞(げんだいぶんがくしょう)は韓国文学賞

概要[編集]

月刊誌『現代文学』が主催し、小説戯曲評論の4部門に賞が送られる。1955年に制定され、第1回授賞式は1956年に行われた。その後、毎年開催されている。

受賞作品一覧[編集]

受賞年 部門 受賞者   受賞作品名
第1回(1956年) 金丘庸 「잃어버린 姿勢」「그네의 微笑」
小説 孫昌渉 「血書」「未解決의 章」「人間動物園抄」
第2回(1957年) 朴在森 「春香이 마음」
小説 金光植 「二一三號 住宅」
評論 崔一秀 「현대문학의 근본특질」
第3回(1958年) 李壽福 「꽃씨」외
小説 朴景利 「不信時代」「玲珠와 고양이」
戯曲 金良洙 「민족문학 확립의 자세」
第4回(1959年) 具滋雲 「異香二首」「墓碑名」
小説 李範宣 「갈매기」「死亡保留」
戯曲 任熙宰 『꽃잎을 먹고 사는 기관차』
評論 柳宗鎬 「비평의 반성」「산문정신고」
第5回(1960年) 鄭孔采 「石炭」「自由」
小説 徐基源 「孕胎期」「오늘과 내일」
戯曲 呉学栄 「深淵의 다리」「抗拒」
評論 金相一 「近代詩人論」
第6回(1961年) 金尚憶 「秘敎錄序」
小説 呉有権 「異域의 山莊」
評論 元亨甲 「해석적 비평의 길」
第7回(1962年) 李鍾学 「피의 꿈속에서」
小説 李浩哲 「板門店」
第8回(1963年) 朴鳳宇 「四月의 火曜日」
小説 権泰雄 「假主人散調」
第9回(1964年) 小説 韓末淑 「흔적」「광대 김서방」
評論 文徳守 「전통론을 위한 각서」「신라정신의 영원성과 현실성」
第10回(1965年) 朴成龍 「東洋畵集」외
小説 李文熙 장편『墨麥』
第11回(1966年) 李姓教 시집『山吟歌』
小説 李光淑 「卓子의 位置」「賭博師」
評論 千二斗 「한국단편소설론」
第12回(1967年) 小説 崔翔圭 「下午의 巡遊」「寒春無事」
第13回(1968年) 黄東奎 「四行詩抄」외
小説 鄭乙炳 「아데나이의 碑銘」
戯曲 呉蕙齢 「인간적인 진실로 인간적인」
第14回(1969年) 金后蘭 시집『粧刀와 薔薇』
小説 宋相玉 「熱病」
第15回(1970年) 李盛夫 시집『李盛夫 詩集』
小説 劉賢鍾 「유다 行傳」
評論 洪起三 「주제의 변천」「전위예술론」
第16回(1971年) 劉庚煥 「겨울 저녁 바다」
小説 朴順女 「어떤 巴里」
評論 李洧植 「한국소설론」
第17回(1972年) 金栄泰 「鉛筆畵 몇점」
小説 崔仁浩 「處世術槪論」「他人의 房」
戯曲 呉泰錫 「移植手術」
評論 金教善 「東仁 문학의 근대성의 저변 」
第18回(1973年) 朴栽陵 시집『밤과 蓮花와 上院寺』
小説 宋基淑 창작집『白衣民族』
評論 金允植 「식민지문학의 상흔과 그 극복」
第19回(1974年) 金光協 시집『千波萬波』
小説 李祭夏 창작집『草食』
戯曲 尹大星 「奴婢文書」
評論 金永琪 평론집『한국문학과 전통』
第20回(1975年) 姜禹植 시집『四行詩抄』
小説 金源一 「잠시 눕는 풀」「波羅庵」
評論 金雲学 「현대불교문학론」「한국적 테마론」
第21回(1976年) 文貞姫 시극집『새떼』
小説 金文洙 창작집『聖痕』
評論 尹在根 「시정신과 그 비극성」「李箱의 시사적 위치」
第22回(1977年) 崔元圭 연작시집『비 속에서』
小説 全商国 「私刑」「껍데기 벗기」
評論 李善栄 평론집『상황의 문학』
第23回(1978年) 咸恵蓮 시집『강물이 되어 바다가 되어』
小説 李正基 「離別의 方式」
戯曲 尹朝炳 「참새와 機關車」
評論 金容稷 「대중사회와 시의 길」
第24回(1979年) 朴堤千 연작시「心法」
小説 金国泰 「우리 교실의 傳說」
戯曲 李鉉和 장막「우리들끼리만의 한 번」
評論 曹秉武 평론집『가설의 옹호』
第25回(1980年) 林星淑 시집『소금장수 이야기』
小説 柳在用 「두고 온 사람」「호도나무골 傳說」
戯曲 李載賢 희곡집『李仲燮』
評論 鄭昌範 「朴木月의 시적변용」
第26回(1981年) 金恵淑 시집『豫感의 새』
小説 金龍雲 「山行」
評論 キム・ヒョン 평론집『문학과 유토피아』
第27回(1982年) 呉圭原 시집『이 땅에 씌어지는 서정시』
小説 趙廷来 「流刑의 땅」
戯曲 洪承疇 희곡집『목마른 太陽』
評論 金治洙 「일상언어와 문학언어」「朴景利 <土地> 분석」
第28回(1983年) 金鍾海 「賤奴 일어서다」
小説 尹興吉 장편『완장』
評論 金炳翼 평론집『지성과 문학』
第29回(1984年) 李昇薫 시집『事物들』
小説 金容誠 장편『도둑일기』
評論 朴喆熙 「근대시 형식과 조선시 논의」평론집『서정과 인식』
第30回(1985年) 金源浩 시집『행복한 잠』
小説 洪盛原 장편『마지막 偶像』
評論 金時泰 평론집『문학과 삶의 성찰』
第31回(1986年) 金晳圭 시집『저녁 혹은 패주자의 퇴로』
小説 李東河 「폭력요법」「폭력연구」
第32回(1987年) 李秀翼 시집『단순한 기쁨』
小説 宋栄 「친구」「보행규칙 위반자」외
戯曲 呉泰栄 「전쟁」「트로이얀 테바이」
評論 朴東奎 「한국소설의 전개」
第33回(1988年) キム・ヒョンヨン 시집『다른 하늘이 열릴 때』
小説 韓勝源 장편『갯비나리』
戯曲 金淑賢 「젊은 왕자의 무덤」
評論 金載弘 평론집『현대시와 열린 정신』
第34回(1989年) 朴正萬 「다 가고」외
小説 孫永穆 「바다가 부르는 소리」「밀랍인형들의 집」
評論 曹南鉉 평론집『삶과 문학적 인식』
第35回(1990年) 李建清 시집『하이에나』
小説 玄吉彦 「司祭와 祭物」
評論 権寧珉 「월북문인연구」
第36回(1991年) 黄芝雨 시집『게눈 속의 연꽃』
小説 韓水山 「타인의 얼굴」
評論 李東夏 평론집『혼돈 속의 항해』
第37回(1992年) 姜恩喬 「그대의 들」 외
小説 李文烈 「시인과 도둑」장편『시인』
評論 李南昊 「비유법 그리고 고통 혹은 절망의 양식」「현실에 대한 관찰과 존재에 대한 통찰」
第38回(1993年) 任永祚 시집『갈대는 배후가 없다』
小説 朴婉緒 「꿈꾸는 인큐베이터」
評論 李相沃 평론집『이효석―문학과 생애』
第39回(1994年) 趙鼎権 「튀빙겐 가는 길」
小説 尹厚明 「별을 사랑하는 마음으로」
評論 申東旭 평론집『우리 시의 짜임과 역사적 인식』
第40回(1995年) 鄭玄宗 「내 어깨 위의 호랑이」
小説 申京淑 「깊은 숨을 쉴 때마다」
第41回(1996年) 金初蕙 「만월」외 4편
小説 梁貴子 「곰 이야기」
評論 呉生根 평론「숨결과 웃음의 시학」
第42回(1997年) 洪申善 「해, 늦저녁 해」
小説 李舜源 「은비령」
評論 洪廷善 평론「맥락의 독서와 비평」
第43回(1998年) 千良姫 「오래된 골목」외 4편
小説 尹大寧 「빛의 걸음걸이」
評論 ト・チョンイル 평론「우리는 모르는 것을 경배하나니」
第44回(1999年) 張錫南 「마당에 배를 매다」외 6편
小説 金英夏 「당신의 나무」
評論 成民燁 평론「불의 체험과 그 기록」
第45回(2000年) 金明仁 「그 등나무꽃 그늘 아래」외 6편
小説 金仁淑 「개교기념일」
評論 チョン・クァリ 「유령들의 전쟁」「죽음 옆의 삶, 삶 안의 죽음」
第46回(2001年) 金基澤 「불룩한 자루」외 6편
小説 マルシアス・シム 「美」
評論 南真祐 「행복의 시학, 유출의 수사학」
第47回(2002年) 崔勝鎬 「두엄」 외 6편
小説 李恵敬 「고갯마루」
評論 柳潽善 「두 개의 성장과 그 의미-『외딴방』과 『새의 선물 』에 대한 단상」
第48回(2003年) 羅喜德 「마른 물고기처럼」 외 5편
小説 趙京蘭 「좁은 문」
評論 李光鎬 「굿바이! 휴먼-탈내향적 일인칭 화자의 정치성」
第49回(2004年) 金宣佑 「피어라, 석유!」 외 6편
小説 成碩済 「내 고운 벗님」
評論 権五龍 「비하(飛下/卑下)의 상상력이 우리에게 묻는 것-배수아의 『일요일 스키야키 식당』」
第50回(2005年) 金思寅 「노숙」 외 5편
小説 尹成姫 「유턴지점에 보물지도를 묻다」
評論 キム・ヨンチャン 「한국문학의 증상들 혹은 리얼리즘이라는 독법」
第51回(2006年) 朴相淳 「목화밭 지나서 소년은 가고」 외 5편
小説 鄭梨賢 「삼풍백화점」
評論 ファン・チョンヨン 「「민주화 이후의 정치와 문학―고은 『만인보』의 민중-민족주의 비판」
第52回(2007年) 崔正礼 「그녀의 입술을 따스하고 당신의 것은 차거든」외 4편
小説 李承雨 「전기수傳奇叟 이야기」
評論 卜道勲 「축생, 시체, 자동인형ㅡ2000년대 젊은 작가들의 소설에 등장한 캐릭터와 신(新)인류학」
第53回(2008年) 李晟馥 「기파랑을 기리는 노래―나무인간 강판권」외 6편
小説 김경욱 「99%」
戯曲 キム・ミヒョン 「수상한 소설들―한국 소설의 이기적 유전자」
第54回(2009年) 馬鍾基 「파타고니아의 양」외 6편
小説 ハ・ソンラン 「99%」
第55回(2010年) コ・ヒョンリョル 「옥수수수염귀뚜라미의 기억」외 5편
小説 朴晟源 「얼룩」
評論 シム・ジンギョン 「김애란을 다시 읽는다」
第56回(2011年) チン・ウニョン 「그 머나먼」외 6편
小説 全鏡潾 「강변마을」
第57回(2012年) キム・ソヨン 「오키나와, 튀니지, 프랑시스 잠」외 7편
小説 全成太 「낚시하는 소녀」
評論 パク・ヘギョン 「일상의 정치학」
第58回(2013年) イ・ウナ 「한밤의 우리가」외 6편
小説 キム・スム 「그 밤의 경숙」
第59回(2014年) ホ・ヨン 「북회귀선에서 온 소포」외 7편
小説 ファン・ヨンウン 「양의 미래」
評論 シン・ヒョンチョル 「2000년대 시의 유산과 그 상속자들」